論文リスト

発表論文は次のとおりです.

成層地盤の地震応答解析法

1)塩見忠彦,藤原良博:振動数ごと等価線形法に関する考察,地盤工学会誌,Vol.60, No.1, Ser.648,pp.34-35, 2012年1月

1) 藤原良博,塩見忠彦:逐次非線形解析における地盤の減衰モデル,第61回理論応用力学講演会, 2012年3月7日

2) 藤原良博,塩見忠彦:地震応答解析における等価線形法の適用性の検討,第39回土木学会関東支部技術研究発表会,2012年3月13日

地震時の液状化解析事例

1) 塩見忠彦,藤原良博:マルチハードニングモデルによる浦安の液状化解析,第3回地盤材料の構成式ワークショップ,2014年1月9日

土の構成式

1) 藤原良博,塩見忠彦:マルチハードニングによる土の構成式,計算工学講演会論文集(Vol.17),2012年5月29日

Verification and Validation

1) 塩見忠彦:原子炉建屋の地震応答解析におけるV&V第一歩,計算工学講演会論文集(Vol.18),2013年6月20日

2) 塩見忠彦:原子炉建屋の固有振動数解析におけるV&V-解析計画書,計算工学講演会論文集(Vol.19),2014年6月12日

コンクリートのひび割れ進展解析

1) Fujiwara, Y., Takeuchi, N., Shiomi, T. and Kambayashi, A. :  Discrete crack analysis in concrete structure using Hybrid-type Penalty Method, CODE2012, 2012年11月14日

2) 藤原良博,竹内則雄,塩見忠彦,上林厚志:ハイブリッド型ペナルティ法を用いたコンクリート構造物の離散ひび割れの解析,第62回理論応用力学講演会,2013年3月6日

3) 藤原良博,竹内則雄,塩見忠彦,上林厚志:ハイブリッド型ペナルティ法を用いたコンクリート構造物の離散ひび割れの解析,計算工学講演会論文集(Vol.18),2013年6月21日

4) Fujiwara, Y., Takeuchi, N., Shiomi, T. and Kambayashi, A. : Application of discrete crack analysis to concrete structures using HPM, ICADD11,2013年8月27日

5) Fujiwara, Y., Takeuchi, N., Shiomi, T. and Kambayashi, A. : Discrete crack modeling of RC structure using hybrid-type penalty method, APCOM&ISCM, 2013年12月13日

6) Fujiwara, Y., Takeuchi, N., Shiomi, T. and Kambayashi, A. : Discrete crack modeling of RC structure using hybrid-type penalty method, International Journal of Aerospace and Lightweight Structures (IJALS), Vol.3, No.2, pp263-275, 2013

7) Fujiwara, Y., Takeuchi, N., Shiomi, T. and Kambayashi, A. : Discrete crack analysis of concrete structure using hybrid-type penalty method with Delaunay triangulation, COMPSAFE2014, 2014年4月15日

8) 藤原良博,竹内則雄,塩見忠彦,上林厚志:ディープビームの離散ひび割れ解析におけるメッシュ分割の影響,計算工学講演会論文集(Vol.19),2014年6月12日

9) 藤原良博,竹内則雄,塩見忠彦,上林厚志:ハイブリッド型ペナルティ法を用いた鉄筋コンクリート構造物の離散ひび割れの解析,コンクリート工学会年次論文集(Vol.36),2014年7月10日

10) Kambayashi, A., Fujiwara, Y., Takeuchi, N. and Shiomi, T. : Discrete crack analysis of RC structure using hybrid-type penalty method with Delaunay triangulation, WCCM2014,2014年7月21日

11) Fujiwara, Y., Takeuchi, N., Shiomi, T. and Kambayashi, A. : Discrete crack analysis for concrete structures using the hybrid-type penalty method, Computers and concrete, 2015

ご利用条件|プライバシーポリシー|ご注意